ヘルスケアシステムズは、公益社団法人中小企業研究センターが主催する『第52回(平成30年度)グッドカンパニー大賞』において、「新技術事業化推進賞」を受賞しました。

今回の受賞では、当社独自の技術および技術を用いたサービスが今後の産業の発展や地域社会・経済の向上につながるとして高く評価されたものと受け止めています。

これもひとえに、多くの皆様方のご支援とご愛顧の賜物と社員一同、深く感謝いたしております。

この受賞を励みとして、これからも開発力と技術力を高めることで「生活習慣のものさし」である郵送検査サービスをさらに充実させ、楽しく健康な毎日に貢献したいと考えています。

今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

 

「グッドカンパニー大賞」とは
グッドカンパニー大賞は、全国の中小企業の中から、経済的、社会的にすぐれた成果を上げている企業を発掘し「グッドカンパニー大賞」を贈って顕彰し、日本の中小企業の発展に資することを目的として公益社団法人中小企業研究センターが昭和42年に創設。受賞企業は663社におよび、受賞後多くの企業が発展を遂げ、優良企業に成長しています。「新技術事業化推進賞」は、技術、ソフト、システム等の開発・考案に独創性を発揮し、実際に事業として売上成果をあげており、将来性があると認められる企業に与えられます。
公益社団法人中小企業研究センター https://www.chukiken.or.jp/

 

プレスリリースの詳細はコチラ