腸内細菌から大腸がんの早期発見と予防ができる サービスを株式会社アデノプリベントと開始しました。

ヘルスケアシステムズは、腸内細菌から大腸がんリスクを測る株式会社アデノプリベントを静岡県立大学渡辺教授と立ち上げ、8月より2社共同で、健診機関を対象とした大腸がんリスク検査サービスを開始いたします。

株式会社アデノプリベントは、大腸がん患者の7割が感染しているコリバクチン産生菌を簡便に検出する方法を研究・開発しております。
コリバクチンは新たな大腸がんリスクマーカーとして世界的に注目されています。

今後も研究開発を通じて、これからの大腸がんの予防と早期発見に貢献してまいります。

プレスリリースの内容はコチラ

CASE STUDY 事例紹介