日本航空健康保険組合(JAL健保)と婦人科検診受診率向上プロジェクトを実施

  • 日本航空健康保険組合 様

なでしこ銘柄に連続で選出され、健康施策に「女性の健康」を掲げる日本航空の健康保険組合でエクオール検査「ソイチェック」を活用した乳がん検診受診率向上プログラムを実施し、受診者の婦人科検診受診率の伸び率を比較したところ前年比121%と未受検者が同105%に対して20%も上昇していました。

「ソイチェック」を受けることにより、女性ホルモンと健康について学ぶ意欲が高まり、健康意識や婦人科検診の受診率を向上させることができました。

この研究成果は、第31回日本女性医学学会学術総会にて発表されました。
右図:発表ポスター(クリックで拡大します)

業務内容から事例を探す

CASE STUDY 郵送検査事業の事例紹介