ヘルスケアシステムズは名古屋大学発のベンチャー企業です。
大学で培われた研究データと検査技術に基づいて、郵送検査や各種研究開発、エビデンス提供などを行っています。

  • 食品の機能性研究を背景に独自に開発した検査技術を活用して、食習慣や美容など一般消費者の関心が高く、未病領域に特化した郵送検査サービスを展開しています。
  • ELISA、HPLC、GC、LC/MS、RT-PCR等の機器による血液・尿・唾液・涙液等の生体試料のほか、食品サンプルの受託分析の他、バイオマーカーの新規開発や機能性食品の研究開発も行っています。
  • 10名ほどのプレ試験から数百名規模の大規模試験まで、企業・自治体と連携した臨床試験や社内試験など、試験デザインから学会発表まで幅広くお受けしています。
  • 企業の管理部門との健康リテラシー向上の取り組みにおける検査の利用、商業施設での健康イベントにおける検査体験会、親子や若年層に向けた食育セミナー等、予防意識向上に貢献します。

研究・開発

自社研究開発に加え、企業や大学との新規バイオマーカーや試薬および検査装置の開発実績があり、高精度かつ安価な検査技術を実用化しています。

また、地域ヘルスケアコンソーシアムの運営など多様な業務に関わりながら、学会発表や論文投稿、特許出願も積極的に行っております。

エクオール

大豆イソフラボンの活性本体として注目されている「エクオール」

CASE STUDY 事例紹介